次郎長生家(旧高木家住宅) じろちょうせいか(きゅうたかぎけじゅうたく)

住居建築 / 江戸 / 中部 

静岡県
江戸/1830〜1868
木造平屋一部2階建、瓦葺一部金属板葺、建築面積106㎡
1棟
静岡県静岡市清水区美濃輪町831-1他
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

清水次郎長の生家として知られる。チョウナ痕、和釘の使用などから近世に遡ると考えられる。間口二間半で、奥行五間半の平屋とその奥の奥行四間二尺の二階建からなり、正面右に一間幅の土間を背面まで通す。地域の歴史を今に伝える建物である。

作品所在地の地図

関連リンク

次郎長生家(旧高木家住宅)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧和泉屋(お休み処)
鈴木家住宅店舗兼主屋
吉田家住宅主屋
旧岩邊家住宅主屋
八板家住宅主屋
ページトップへ