赤いボラと銅器のある静物

絵画  油彩画 / ヨーロッパ 

レッコ、ジュゼッペ(?) (1634-1695)
制作年不詳
油彩・キャンバス
47×62
額装

 本作品のジュゼッペ・レッコへの帰属は、別添の鑑定書に基づく(ロンドンのサビン・ギャラリーのシドニー・F・サビンによる)。木枠には、旧所蔵者であるリチャード・フォードの名字が書きこまれている。
 ジュゼッペ・レッコは、17世紀のナポリを中心に活動した画家で、猟の獲物、魚、果物などをとりあげる静物画を得意とした。 父ジャーコモ、叔父ないし兄弟のジョヴァン・バッティスタ、娘エレナ、息子二コラらも、エレナをのぞき静物画家である。ただしジュゼッペは、ナポリの伝統に属するにとどまらず、20歳以降のロンバルディアでの修行の過程でエヴァリスト・バスケー二スの影響を受けており、またカラヴァッジスム風の照明法をもしめすという。
 なお、本作品における厨房における魚の図柄は、慣習的なものらしく、Ch.Sterling.Still Life Painting. New York,1981,pl.31(サロモン・ファン・ライスダ-ル作)やpl.58(ジョヴァン・ バッティスタ・レッコ作)と比較することができる(id.,p.91 参照)。 またSterling, id.,p.91-92 は、レッコなどナポリの静物画と、スペインのそれとの深い関係を指摘している。

作品所在地の地図

関連リンク

赤いボラと銅器のある静物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

蔬菜静物
蔬菜静物

小出楢重

アイロンのある静物
アンティーブ岬
アンティーブ岬

クロード・モネ

ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像
ベッドフォード伯爵夫人 アン・カーの肖像

ダイク、アントニー・ヴァン

ページトップへ