青磁唐草文合子 せいじからくさもんごうす

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  

中国・越窯
北宋時代・11世紀
陶製
高4.1 径13.4 高台径9.1
1合

浙江省北部にはかつて「越」の国があったことから、この地域でつくられた青磁を「越(州)窯」と呼びます。唐末にはよもぎ色の美しい「秘色」青磁を生産して皇帝を魅了しました。五代呉越国のもとでは、金銀器を模倣して線刻装飾を施した青磁をつくるようになります。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁唐草文合子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁牡丹唐草文合子
青磁水注
青磁水注

中国・越窯

青磁小禽
青磁小禽

中国・越窯

青磁刻花蓮弁文多嘴壺
青磁刻花蓮弁文多嘴壺

中国・龍泉窯

青磁刻花牡丹文瓶
ページトップへ