青磁水注 せいじすいちゅう

陶磁 /  

中国・越窯
唐時代・9世紀
陶製
高21.2 口径10.3 底径8.5
1口

南北各地で製陶が花開いた唐時代、肥沃な土地と豊かな自然に恵まれた現在の浙江省北部の越窯でつくられた新しい青磁が注目を集めました。陸羽の『茶経』ではその釉の美しさは玉や氷にたとえられ、晩唐の陸亀蒙は「千峯の翠色を奪い得て来る」と詠んでいます。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁唐草文合子
青磁唐草文合子

中国・越窯

青磁唐草文水注
青磁唐草文水注

中国・耀州窯

青磁刻花牡丹文瓶
青磁蓮弁文鉢
青磁双耳小壺
ページトップへ