文化遺産オンライン

三彩刻花小禽文皿

さんさいこくかしょうきんもんさら

作品概要

三彩刻花小禽文皿

さんさいこくかしょうきんもんさら

陶磁

中国・磁州窯

金~元時代・13世紀

陶製

高3.0 径18.1 底径11.2

1枚

赤く柔らかい陶胎に白化粧を施し、文様を刻みつけたのち、地の白色を活かしつつ、緑と黄の釉薬で彩った三彩である。鳥、草花の表現に拙さはあるものの、文様は明快で力強い。鳥の眼や羽、花芯に褐斑を散らしてアクセントとしている。

三彩刻花小禽文皿をもっと見る

中国・磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / 化粧 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索