文化遺産オンライン

三彩魚藻文皿

さんさいぎょそうもんさら

作品概要

三彩魚藻文皿

さんさいぎょそうもんさら

陶磁

磁州窯

金~元時代・13世紀

1枚

線彫りで文様をあらわし、色釉を塗り分ける手法や、濃褐色の釉が用いられている点に、磁州窯で13世紀代に焼かれた三彩の作風がよくあらわれている。類品の中では器形がおおぶりであり、文様も比較的丁寧にあらわされている。

三彩魚藻文皿をもっと見る

磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索