文化遺産オンライン

五彩花文碗 

ごさいかもんわん

作品概要

五彩花文碗 

ごさいかもんわん

陶磁

磁州窯

金~元時代・13世紀

陶器

高5.7 口径14.4 高台径5.6

1口

鉄分を含む胎土の上に厚く白化粧を施し、透明釉を掛けていったん本焼きしたのち、赤と緑の絵具で文様を描いて焼き付けている。中国で最初の釉上彩、すなわち上絵付けの技法である。民衆の日用の器を焼いた磁州窯(じしゅうよう)の製品であり、俗に宋赤絵とよばれる。

五彩花文碗 をもっと見る

磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / / 胎土 / 上絵

関連作品

チェックした関連作品の検索