文化遺産オンライン

白釉刻花双鹿文枕

はくゆうこくかそうろくもんまくら

作品概要

白釉刻花双鹿文枕

はくゆうこくかそうろくもんまくら

陶磁 /

中国・磁州窯

北宋時代・11世紀

陶製

高8・9 21.0×15.8

1個

華北を代表する民窯、磁州窯ではさまざまな形、大きさの陶枕が焼かれました。施される文様は吉祥の図が多く、慶事の贈答品であったと考えられています。本作品は、天面に雄と雌の鹿を線刻で表わし、いわゆる魚々子のように小さな丸文で地を埋めています。

白釉刻花双鹿文枕をもっと見る

中国・磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / Cizhou / /

関連作品

チェックした関連作品の検索