文化遺産オンライン

白釉刻花七宝文瓶

はくゆうこくかしっぽうもんへい

作品概要

白釉刻花七宝文瓶

はくゆうこくかしっぽうもんへい

陶磁 /

中国・磁州窯

北宋~金時代・11~12世紀

高39.0 口径3.5 底径10.1 重2307

1口

豊かに張り出した長い胴に、笠形の小さな口が付いた梅瓶。文様はいずれもふくよかで、のびのびと表わされていますが、七宝文の間を埋める魚子文には方向性が無く、隙間が多いことから、製作時期がやや下るものと考えられます。(160517_t053)

白釉刻花七宝文瓶をもっと見る

中国・磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索