文化遺産オンライン

白釉鉄絵牡丹文瓶

はくゆうてつえぼたんもんへい

概要

白釉鉄絵牡丹文瓶

はくゆうてつえぼたんもんへい

陶磁

中国・磁州窯

金時代・12~13世紀

陶製

高39.0 口径3.0 底径9.4

1口

ほっそりとした形式の梅瓶(メイピン)は、北宋(ほくそう)時代から金(きん)時代にかけて流行したものです。踊るような手慣れた筆の運びの速さが、文様に生気を与えています。このようないきいきとした意匠は、量産が生んだ結果であり、日用の雑器を焼いた磁州(じしゅう)窯に特有のものです。

白釉鉄絵牡丹文瓶をもっと見る

中国・磁州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

磁州 / / Cizhou /

関連作品

チェックした関連作品の検索