色絵祥瑞文瓢形徳利 いろえしょんずいもんひさごがたとくり

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・17世紀
磁製
2口

伊万里の祥瑞手+しょんずいで+と呼ばれる徳利。中国明時代末に焼かれた青花(染付)磁器「祥瑞+しょんずい+」を手本として、器形や文様構成を模している。この作品は祥瑞の色絵版で、交互に描かれる梅と撫子の色絵と、渋い赤絵で描かれた地文様とが対照の妙を見せ、温容で雅味のある優品となった。
(作成: 横山梓2012-01-30)(170418_h14懐石のうつわ・数文字追加)

作品所在地の地図

関連リンク

色絵祥瑞文瓢形徳利チェックした作品をもとに関連する作品を探す

色絵桜川文徳利
色絵独楽文徳利
祥瑞捻文瓢形徳利
祥瑞捻文瓢形徳利

中国・景徳鎮窯

色絵祥瑞桃果宿禽文皿(五彩桃果宿禽文皿)
色絵花鳥図平鉢
ページトップへ