文化遺産オンライン

呉州赤絵花卉文鉢

ごすあかえかきもんはち

作品概要

呉州赤絵花卉文鉢

ごすあかえかきもんはち

陶磁 /

中国・漳州窯

明時代・17世紀

磁製

高9.4 口径20.8 高台径7.0

1口

明末、現在の福建省南部に位置する漳州窯で焼かれた五彩の鉢。貿易品を量産した窯で、灰色の夾雑物が混じった素地に白釉を掛け、畳付きにざらざらと砂が付着しているのが特色です。民窯ならではのおおらかな絵付けが魅力で、日本では「呉州手」と呼び親しまれています。

呉州赤絵花卉文鉢をもっと見る

中国・漳州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

漳州 / Ming / Zhangzhou / ごする

関連作品

チェックした関連作品の検索