文化遺産オンライン

呉州赤絵赤玉香合

ごすあかえあかだまこうごう

作品概要

呉州赤絵赤玉香合

ごすあかえあかだまこうごう

陶磁 /

中国・漳州窯

明時代・17世紀

磁製

総高3.0 径3.5 高台径2.1

1合

【東洋館】赤玉の名はいうまでもなく緑の線で縁取られた赤い丸文に由来しています。呉州赤絵(ごすあかえ)香合のなかでは最も小さく、愛らしい魅力をそなえていることから、茶席で珍重されます。量産品とは異なる作意が感じられ、日本の茶人向けに焼かれたものと考えられます。(20091020_h14)

【本館】赤玉の名はいうまでもなく緑の線で縁取られた赤い丸文に由来している。呉州赤絵(ごすあかえ)香合のなかでは最も小さく、愛らしい魅力をそなえていることから、茶席で珍重される。量産品とは異なる作意が感じられ、日本の茶人向けに焼かれたものと考えられる。(~20160913_h04)

呉州赤絵赤玉香合をもっと見る

中国・漳州窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

漳州 / Ming / ごする /

関連作品

チェックした関連作品の検索