伊能小図西日本 いのうしょうず にしにほん

伊能忠敬
文政4年(1821)頃
紙本著色
203.5×162.1
1舗

寛政12年(1800)からはじめられた伊能忠敬(1745~1818)の測量は、文化13年(1816)まで、足かけ17年に及びました。その成果は大図214枚、中図8枚、小図3枚からなる「大日本沿海輿地全図」として文政4年(1821)7月に結実しました。わが国の地図作成史における初の実測日本図です。しかし、この時幕府に上呈された図は明治6年(1873)の皇居火災によって焼失し、後に東京帝国大学に提出された伊能家の副本も大正12年(1923)の関東大震災で焼失したといわれています。現存する「伊能図」は、大名家の手元に遺されたものや模写図などです。本図は、彩色描写などの点においてその特徴を良く伝えており、現存する伊能小図のなかでも優品として知られています。

【名品2019】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

伊能小図西日本チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊能小図北海道
伊能小図北海道

伊能忠敬

伊能忠敬測量図
日本輿地図藁
日本輿地図藁

伊能忠敬 日官高橋景保謹識

日本国地理測量之図
日本国地理測量之図

伊能忠敬著 高橋景保補

沿海地図
沿海地図

日官吉田勇太郎源秀賢謹誌 伊能勘解由謹図

ページトップへ