伊能小図北海道 いのうしょうず ほっかいどう

伊能忠敬
文政4年頃
手書手彩
161.6×181.1
1舗

伊能忠敬(1745-1818) による測量事業は寛政12年(1800)よりはじまり、17年の歳月をかけて行われました。彼の死後、日本列島の詳細な海岸線が地図となって完成しました。残念ながらその原本の大半は明治時代以降の東京での度重なる火災によって焼失しましたが、大名家に伝えられたいくつかの複製がその威容を伝えています。神戸市立博物館が所蔵する西日本図・北海道図は、彩色描写などの点においてその特徴を良く伝えており、現存する伊能小図のなかでも優品として知られています。

【名品2019】【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

伊能小図北海道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

伊能小図西日本
伊能小図西日本

伊能忠敬

沿海地図
沿海地図

日官吉田勇太郎源秀賢謹誌 伊能勘解由謹図

日本輿地図藁
日本輿地図藁

伊能忠敬 日官高橋景保謹識

日本国地理測量之図
日本国地理測量之図

伊能忠敬著 高橋景保補

伊能忠敬測量図
ページトップへ