扶桑国都水陸地理図 ふそうこくとすいりくちりず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵図・地図 / 江戸 

不明
江戸時代初期/17世紀
手書手彩
131.4×182.4
1隻


来歴:1981神戸市

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・野中準等編『大日本租税志』金沢税務調査会 1904

江戸幕府はあわせて五度、日本総図を作成したといわれ、伊能忠敬が作成した日本図はその最後を飾る優品です。本資料は、幕府が作成した最初の日本総図である「慶長日本図」(17世紀前半完成)を写したものと思われます。北海道が描かれていないことや、長方形の四国など、不備な点に気づきますが、統一政権下の編纂事業として作成された地図を彷彿させます。扶桑とは日本国の別称として、古い地図にしばしばみられるものです。


【古地図】

作品所在地の地図

関連リンク

扶桑国都水陸地理図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本地図屏風
沿海地図
沿海地図

日官吉田勇太郎源秀賢謹誌 伊能勘解由謹図

寛文日本図
万国図
万国図

不明

本朝図鑑綱目
本朝図鑑綱目

石川氏

ページトップへ