新訂万国全図 しんていばんこくぜんず

絵図・地図 / 江戸 

測量所高橋景保謹識 永田善吉(亜欧堂田善)刻
江戸時代、文化7年/1810年
銅版手彩
114.8×197.7
1舗
南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:

幕府天文方高橋景保が大坂の天文学者間重富や長崎通詞馬場左十郎らと協力して3年を費やし完成させたものです。ヨーロッパ製地図に基づきながらも、間宮林蔵の樺太探査の成果を取り入れて島として描くなど、当時世界最高水準の地図となっています。また、西洋製地図そのものでは右端(東端)にくる日本を中央に位置するように工夫しています。凡例に文化7年の文字が見えますが、亜欧堂田善による銅版原版が完成したのはもう少し後といわれます。

【古地図】【江戸時代の洋学】

作品所在地の地図

関連リンク

新訂万国全図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沿海地図
沿海地図

日官吉田勇太郎源秀賢謹誌 伊能勘解由謹図

万国図
万国図

不明

新訂万国全図
地球分双卯酉五帯之図
地球分双卯酉五帯之図

長莎館校、沢田員矩誌

坤輿万国全図屏風
坤輿万国全図屏風

筆者不詳/日本

ページトップへ