大前神社 本殿 おおさきじんじゃ ほんでん

その他の画像全3枚中3枚表示

宗教建築 / 江戸 / 関東 

栃木県
江戸中期/1707
桁行三間、梁間二間、入母屋造、向拝一間、銅板葺
1棟
栃木県真岡市東郷
重文指定年月日:20181225
国宝指定年月日:
宗教法人大前神社
重要文化財

 大前神社の本殿は宝永4年(1707),拝殿及び幣殿は17世紀末期に,関東各地から技量の優れた大工を招いて建てられた。本殿は,組物の龍彫刻のほか,柱や壁の幾何学意匠の地紋彫など,随所を秀逸かつ先駆的な手法で飾り,関東地方における装飾建築普及の萌芽を示している。拝殿では,正面の向拝まわりで彫刻を多用し,屋根に千鳥破風を飾るなど,華やかな拝所空間を演出している。
 北関東において庶民信仰を背景に装飾豊かな神社建築が急速に普及する初期段階の様相や,技術,意匠の展開をよく示しており,高い歴史的価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

大前神社 本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大前神社 拝殿及び幣殿
名草神社 本殿
高座神社本殿
八幡神社 本殿、幣殿、拝殿
八幡神社 摂社若宮八幡宮本殿
ページトップへ