鶴崎神社本殿 つるさきじんじゃほんでん

その他の画像全5枚中5枚表示

建造物 / 江戸 / 中国・四国 

岡山県
江戸/1719
木造平屋建て、入母屋造、銅板葺
建築面積31.45㎡
1棟
都窪郡早島町早島2220
早島町指定
指定年月日:20200313
鶴崎神社
有形文化財(建造物)

建築様式は木造平屋建て、入母屋造、銅板葺で、比較的規模も大きく、屋根・軸部・脚部の均整が取れている。屋根は正面向拝上部に縋破風を付けるのみで古来の構成を保っている。軒も装飾(彫物)が少ない江戸中期以前の古い様式をよく残している。斗栱では軒回りに唐草を、縁の支えに天竺様を取り入れ、実直な中に華やかさを加える抑制のきいた折衷には好感がもてる。

作品所在地の地図

関連リンク

鶴崎神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅林天満宮本殿
三瀬谷神社本殿
向山神社本殿
蒼柴神社拝殿
高座神社本殿
ページトップへ