孔雀明王像 くじゃくみょうおうぞう

絵画 / 平安 

平安時代・12世紀
絹本着色
147.9x98.9
1幅
国宝

 正面向きで孔雀の背に乗る仏様。これは、様々な災いを除く力があるとされる孔雀明王(くじゃくみょうおう)を描いた作品です。明王は怒ることで人々を導くとされる仏様ですが、この孔雀明王はいつくしみ、あわれむ慈悲の表情を浮かべています。
 現存する孔雀明王像の中でも最高傑作と言われるこの作品は、華やかな彩色が目を引きます。ハイライトや色のぼかしを巧みに加え、柔らかでふっくらとした印象を生み出しています。
 彩色とともに注目していただきたいのが、金を使った装飾です。ネックレスや腕輪などのアクセサリーには金をたたいて極薄のシート状にのばした金箔を貼り、衣には金箔を細く切って貼りつける截金(きりかね)という技法で文様をあらわしています。一方、孔雀の羽や蓮の葉脈などは、粉末状にした金を動物の骨や皮からつくられた接着剤・膠(にかわ)で溶いた金泥(きんでい)という絵具で、柔らかく描いています。質感の異なる金を使い分けることで、きらびやかでありながらも繊細な仕上がりになっています。
 平安仏画の優美な世界観をお楽しみください。

作品所在地の地図

関連リンク

孔雀明王像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色孔雀明王像
写経断簡「仏母大孔雀明王経(巻第二)」
不動明王立像
孔雀明王図像
法華曼荼羅図
ページトップへ