聖遺物函身 せいいぶつはこみ

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
銅製
長3.0×幅2.4×深0.9
1個
重要文化財

IHSはラテン語の Iesus Hominum Salvator の頭文字で「人類の救い主イエス」という意味である。そしてHの上に十字架を足したものがイエズス会のマークである。3つの釘、周囲の縁取りで茨の冠を表し、キリストの受難を象徴している。(130319_h16)

作品所在地の地図

関連リンク

聖遺物函身チェックした作品をもとに関連する作品を探す

聖遺物函
十字架(聖遺物函)
聖遺物函蓋
草花蒔絵螺鈿書見台
キリスト像
ページトップへ