聖遺物函 せいいぶつはこ

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 安土・桃山  江戸 

安土桃山~江戸時代・16~17世紀
銅製
長4.5×幅3.6×厚1.4
1個
重要文化財

記録から茂助という人物の持ち物だったことがわかった。表はキリストの磔刑(たっけい)を象徴するINRIの文字がある十字架、裏は茨の冠とキリストを十字架に打ち付けた三本の釘と金槌(かなづち)、それらの釘を抜くくぎ抜きが表されている。これらはキリスト受難の象徴である。

作品所在地の地図

関連リンク

聖遺物函チェックした作品をもとに関連する作品を探す

聖遺物函蓋
十字架(聖遺物函)
聖遺物函身
キリスト像
遺物函
ページトップへ