川口家住宅応接間 かわぐちけじゅうたくおうせつま

住居建築 / 昭和以降 / 近畿 

和歌山県
昭和後/1968
木造平屋建、瓦葺、建築面積29㎡
1棟
和歌山県有田郡有田川町大字西丹生図字畑垣内456-2
登録年月日:20181102
登録有形文化財(建造物)

主屋正面西隅に接続する接客棟で、東面して建つ。平屋建の切妻造洋瓦葺で、応接室と附属室からなる。外壁は大壁の色モルタル吹付けで、タイル敷テラスを備える。応接室は成の高い硝子戸や大理石製暖炉型を備える。戦後期における独立洋風応接室の一例を示す。

関連リンク

川口家住宅応接間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

川口家住宅主屋
川口家住宅納屋
川口家住宅離れ
川口家住宅土塀
浦家住宅隠居屋
ページトップへ