白綾地松竹鶴亀宝尽模様産衣 しろあやじまつたけつるかめたからづくしもよううぶぎ

染織 / 江戸 / 関東 

埼玉県
江戸時代前期
浮織の単衣仕立てで、三つ葉葵の五つ紋付。織模様は、宝尽模様(簑、笠、丁子、七宝、小槌)と若松、竹などが軽快に散らされている。葵紋の下には、松・竹や筍、鶴・亀といった吉祥…
身丈:117.4㎝
1領
埼玉県川越市小仙波町1丁目20番地1
埼玉県指定
指定年月日:20180227
有形文化財(美術工芸品)

葵紋の下には、松・竹や筍、鶴・亀といった吉祥模様が刺繍で表されている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

白綾地松竹鶴亀宝尽模様産衣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒地小花模様小紋帷子
鶴亀花入菱繋模様小袖
打掛 白綸子地松竹梅鶴亀模様
宝尽模様腰巻
宝尽模様腰巻

作者不詳

帷子 水浅葱麻地秋草風景模様(三つ葉葵紋付)
ページトップへ