宝尽模様腰巻 たからづくしもようこしまき

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

作者不詳
日本
江戸時代後期/19世紀
黒練緯地 刺繍
丈157.2cm 裄62.4cm
1領
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
女子美術大学

作品番号:2205.5
黒練緯地を、宝尽し模様で埋め尽くした江戸時代後期の典型的なデザインの腰巻。腰巻は武家女性の夏の正装であり、帷子を着て提帯を結び、提帯の両端に藁の芯を入れて左右に張り出させ、この部分に腰巻の袖を通し、裾を引いて着装した。宝袋・丁子・宝鍵・隠れ蓑・隠れ笠・宝珠・菱・分銅・打出の小槌、松皮菱などの吉祥文様を刺繍で表す。

旧カネボウコレクション

作品所在地の地図

関連リンク

宝尽模様腰巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

腰巻 黒紅練緯地亀甲宝尽模様
濃色地寶盡し模様縫腰巻(黒紅練緯地宝尽模様腰巻)
腰巻 黒練緯地宝尽模様
腰巻 黒紅練緯地梅椿亀甲花菱模様
提帯 萌黄地牡丹獅子模様
ページトップへ