Sage obi Sash Cherry blossom, peony and drum design on white ground

Details

Sage obi Sash Cherry blossom, peony and drum design on white ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1条

腰巻姿に使われる提帯は主として錦で作られ帯の幅は通常より狭く8~10㎝あまりである。その両端に腕の太さくらいの芯が入るため、背中で結ぶと左右にピンと腕のようにのびる。そこに腰巻の両袖を通して腰に巻くため、まるで羽根を広げたような姿となる。

Related Works

Search items related to work chosen