Obi Sash Interwoven tier design on brown ground

Details

Obi Sash Interwoven tier design on brown ground

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

1条

江戸時代初期、帯の幅は3cmあまりで、成人女性は前結びが普通であった。時代が下るにつれて帯の幅は大きくなり、江戸時代中期には20cmあまり、江戸時代後期になると30㎝あまりに達した。逆に小袖模様はおさえられ、帯の結び方に工夫が凝らされた。

Related Works

Search items related to work chosen