文化遺産オンライン

女帯 茶浮織段模様

作品概要

女帯 茶浮織段模様

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1条

江戸時代初期、帯の幅は3cmあまりで、成人女性は前結びが普通であった。時代が下るにつれて帯の幅は大きくなり、江戸時代中期には20cmあまり、江戸時代後期になると30㎝あまりに達した。逆に小袖模様はおさえられ、帯の結び方に工夫が凝らされた。

女帯 茶浮織段模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 模様 / 女性 / Sash

関連作品

チェックした関連作品の検索