文化遺産オンライン

帯 萌黄天鵞絨地老松模様

おび もえぎびろーどじおいまつもよう

概要

帯 萌黄天鵞絨地老松模様

おび もえぎびろーどじおいまつもよう

染織 / 江戸

江戸時代・18~19世紀

絹ビロード地に刺繍

1条

江戸時代後期の町方の女性が付けた帯。江戸時代初期には4~5cmほどであった帯が江戸時代後期には30cmほどになり帯の結び方もさまざまに工夫された。帯が太くなるにつれて、小袖の模様は小模様化し、帯の主張に合わせて腰(こし)模様や裾(すそ)模様に変化した。(20081111_h101)

帯 萌黄天鵞絨地老松模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / / 女性 / 刺繍

関連作品

チェックした関連作品の検索