文化遺産オンライン

腰巻 黒紅練緯地梅椿亀甲花菱模様

作品概要

腰巻 黒紅練緯地梅椿亀甲花菱模様

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

1領

帷子(かたびら)の上に提帯(さげおび)と称する細い帯を締め、腰に巻くような着装をする。筒状になった帯の両端に芯(しん)を入れ、それを腕のように腰巻の両袖に通して、背中に羽がついたかのように袖(そで)が広げられる。このような変わった着装が武家女性の夏季の正装として様式化された。20090624_h22

腰巻 黒紅練緯地梅椿亀甲花菱模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

腰巻 / / 模様 /

関連作品

チェックした関連作品の検索