文化遺産オンライン

見立山吹の里

みたてやまぶき さと

作品概要

見立山吹の里

みたてやまぶき さと

絵画 / 江戸

鈴木春信筆

江戸時代・18世紀

中判 錦絵

1枚

縄のれんに手をかけ、そっと山吹の枝を差しだす娘は、太田道灌(おおたどうかん)が貧しい家で雨具を借りようとしたところ、「七重八重 花は咲けども山吹の みの(実の=蓑)一つだになきぞ悲しき」(『後拾遺和歌集』)になぞらえ、雨具を断ったという逸話の娘に見立てられたものである。

見立山吹の里をもっと見る

鈴木春信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

春信 / 鈴木 / Suzuki / 見立

関連作品

チェックした関連作品の検索