文化遺産オンライン

見立菊慈童

みたてきくじどう

作品概要

見立菊慈童

みたてきくじどう

絵画 / 江戸

鈴木春信筆

江戸時代・18世紀

横中判 錦絵

1枚

重要美術品

菊の咲き乱れる山奥の仙境で、菊の葉から滴り落ちる水を飲み、不老不死となった仙人慈童の話は、謡曲『菊慈童』を通じてよく知られていました。本図は、菊の一枝を手折ろうとしている若い娘の姿を、慈童に見立てたものです。優しい色彩で夢幻的に描かれています。
(20080826_h102)(20130820_h102)

見立菊慈童をもっと見る

鈴木春信筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

慈童 / / Parody / Mitate

関連作品

チェックした関連作品の検索