讃岐院眷属をして為朝をすくふ図 さぬきいんけんぞく ためとも ず

絵画 / 江戸 

歌川国芳筆
江戸時代・19世紀
大判 錦絵 3枚続
36.0×75.5cm
1枚

曲亭馬琴作の読本『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』源為朝(みなもとのためとも)難船の場面。平清盛(たいらのきよ)を討とうと都に向かう為朝の船が嵐に遭い、妻白縫(しらぬい)は嵐を鎮めようと海中に身を投じる。嫡男舜天丸(すてまる)の船は沈むが、家来に抱えられて鰐鮫(わにざめ)に助けられる。讃岐院配下の天狗が自害しようとする為朝を救出している。

作品所在地の地図

関連リンク

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

讃岐院眷属をして為朝をすくふ図
讃岐院眷属をして為朝をすくふ図
讃岐院眷属をして為朝をすくう図(1組)
武家煤払の図
武家煤払の図

喜多川歌麿筆

武家煤払の図
武家煤払の図

喜多川歌麿筆

ページトップへ