文化遺産オンライン

不空羂索神咒経

ふくうけんじゃくじんじゅぎょう

作品概要

不空羂索神咒経

ふくうけんじゃくじんじゅぎょう

/ 鎌倉

西園寺公衡筆

鎌倉時代・嘉元4年(1306)

紺紙金字

1巻

重要文化財

鎌倉時代末期の公卿・西園寺公衡が、家門の繁栄と長寿を祈り、自ら書写した経典です。当時、公衡は42歳で、後宇多天皇の勅勘を蒙っており、本経書写の12日後に恩免されています。本経と関連して『春日権現霊験記』を作り、春日社に奉納したことでも知られています。

不空羂索神咒経をもっと見る

西園寺公衡筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 金字

関連作品

チェックした関連作品の検索