長崎鳥瞰図屏風 ながさきちょうかんずびょうぶ

日本画 / 江戸 

筆者不詳
江戸時代/17世紀後半
紙本著色
156.2×358.1
6曲1隻


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館特別展『絵図と風景 ―絵のような地図×地図のような絵―』図録 2000

中島川にそって南北に展開する長崎の市街地を、西側の稲佐あたりの上空に視座を設定して、東方を俯瞰する構図となっています。市中の町家や寺社などもひとつひとつ詳細に描かれており、江戸時代はじめの長崎の雰囲気をよく伝えています。

この景観年代は確定していません。画面左上の諏訪大社に、延宝8年(1680)に完成した石段と大門が描かれており、元禄2年(1689)完成の唐人屋敷が描かれていないので、その間の景観ということになります。しかし、寛永11年(1634)につくられた眼鏡橋を始めとする中島川の石橋群が全く描かれていないなど、年代的に矛盾した部分も見られます。

【古地図】【長崎ゆかりの近世絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

長崎鳥瞰図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長崎港図・ブロンホフ家族図
姑蘇万年橋図
姑蘇万年橋図

画者不詳/蘇州版画

長崎唐蘭館図巻
長崎唐蘭館図巻

伝渡辺秀石筆

阿蘭陀人之図
阿蘭陀人之図

画者不詳 針屋版 /長崎版画

うきゑ京中一目細見之図
うきゑ京中一目細見之図

不韻斎画か 菊屋安兵衛版

ページトップへ