文化遺産オンライン

金銅火焔宝珠形舎利容器

こんどうかえんほうじゅがたしゃりようき

概要

金銅火焔宝珠形舎利容器

こんどうかえんほうじゅがたしゃりようき

金工 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

銅鋳造鍍金、水晶

1基

蓮台の上に、火焔宝珠形舎利容器を乗せている。容器の中には仏舎利(通常は舎利に見立てた玉石類)ではなく、種子(梵字(ぼんじ))の「ア」字を、金銅板で造ったものを付け、水晶の窓を嵌めている。アは仏全般を示す「通種子」(つうしゅじ)としてよく使用される。

金銅火焔宝珠形舎利容器をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舎利 / 宝珠 / 容器 / 火焔

関連作品

チェックした関連作品の検索