文化遺産オンライン

金銅火焔宝珠形舎利容器

こんどうかえんほうじゅがたしゃりようき

作品概要

金銅火焔宝珠形舎利容器

こんどうかえんほうじゅがたしゃりようき

金工 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

銅鋳造鍍金、水晶

1基

舎利とは釈迦の遺骨のこと。インドでは釈迦の入滅後、舎利を容器に納めて礼拝しました。この慣わしは仏教の信仰された各地に広がり、実際の遺骨ではなく、石の粒を遺骨に見立て礼拝することも行われました。

金銅火焔宝珠形舎利容器をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舎利 / 宝珠 / 容器 / 火焔

関連作品

チェックした関連作品の検索