その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 京都府 

出土地:京都市 百ヶ池古墳出土
古墳時代・4世紀
直径20.5
1個

三角縁神獣鏡のうち、神像ではなく結跏趺坐+けっかふざ+した仏像を表現した鏡を三角縁仏獣鏡といいます。神獣鏡と比べて数は少なく、6世紀の公伝以前に日本で採用された仏教系図像です。本品は6つの小突起(乳)で内区を区画し、仏像と右向きに走る獣像とを交互に配置します。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

細線式獣帯鏡
画文帯神獣鏡
三角縁神獣鏡
画文帯四仏四獣鏡
ダ鼉龍鏡
ページトップへ