金錯銘大刀 きんさくめいたち

金属製品類 / 古墳 / 九州 

福岡県
6世紀
長   七四・四センチ
幅    三・〇センチ
厚    一・一センチ
一口
福岡県福岡市博多区井相田2-1-94
重文指定年月日:20190723
国宝指定年月日:
登録年月日:
福岡市
国宝・重要文化財(美術品)

釈読は「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果□(練ヵ)」。隷書体風の19文字が純度の高い金で象嵌されている。当時の暦とみられる元嘉暦において正月六日が庚寅となるのは西暦570年のみであり、国内における暦の使用の最古例となる可能性がある。

作品所在地の地図

関連リンク

金錯銘大刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金錯銘直刀身
福岡県博多遺跡群出土品
石櫃/静岡県伊豆長岡町大北二十四号横穴出土
高弁夢記〈建永二年、承元三年、建暦元年/自筆本〉
紙本墨画布袋図
ページトップへ