Kemari Balls

Details

Kemari Balls

Textiles / Edo

Edo period, 19th century

2丸

蹴鞠に用いられる鞠は、円形にくりぬいた鹿革2枚を縫い合わせ、隙間から大麦を詰めて形を整えたのち、表面に鉛白を塗ってから大麦を抜いて綴(と)じ合わせる。飾り用の鞠であるため、一方の蹴鞠には金箔が貼られ、菊花が彩色された台の上に紫組紐で結ばれる。

Search by Kemari Balls

Search by Tokyo National Museum

Keywords

蹴鞠 / / Edo / century

Related Works

Search items related to work chosen