文化遺産オンライン

鞠靴

まりぐつ

作品概要

鞠靴

まりぐつ

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1足

近世以降、蹴鞠装束は鞠水干と称される長絹を上衣とし、葛袴をはき、立烏帽子をかぶって、革で出来た鞠靴を履く様式となった。蹴鞠はいかに優雅に鞠を蹴り上げるかを競う遊びであったため、装束は広袖が翻る優雅な装束となり、美しい色彩のものを着用した。(h16_090609年中行事)

鞠靴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 装束 / 蹴鞠 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索