高岡彫刻塗「二匹鯛」 たかおかちょうこくぬり「にひきだい」

民俗 / 富山県 

伝 納富介次郎図案,村上九郎作彫刻
のうとみかいじろう,むらかみくろさく
富山県高岡市
明治末~大正期頃
木,漆・彫刻塗
最大径70.5cm×高2.5cm
1
富山県高岡市古城1-5
2-11-02-27
高岡市蔵

高岡漆器の代表作品の一つ。2匹の鯛が向かい合って抱き合う姿。デザインは富山県工芸学校(1894年開校/現県立高岡工芸高校)初代校長・納富介次郎、彫刻は同校教頭の村上九郎作(高岡彫刻塗の祖)と伝わる。後に、挽物木地に1匹の鯛を円形に配したものとなり、数多く生産されることとなった。漆器業界に大きな影響を与えた作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

高岡彫刻塗「二匹鯛」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高岡彫刻塗 鯛文菓子皿
高岡彫刻塗 鯛丸盆
『納富介次郎先生 銅像建設記念帖』
『納富介次郎先生 銅像建設記念帖』

編集兼発行人:納富先生銅像建設委員

牡丹文彫刻塗菓子器
牡丹文彫刻塗菓子器

製作:黒田屋漆器店・黒田義太郎

高岡彫刻塗 鯛菓子器
ページトップへ