欄間「竹に雀」 らんま たけにすずめ

その他 / 富山県 

和田長次郎 (1882~1955)
わだちょうじろう
富山県高岡市
明治中~昭和中期
木・彫刻(浮き彫り)
縦41.8cm×横168.8cm
1
富山県高岡市古城1-5

本資料は、大胆な竹の透かし彫りの合間に、雀たちが戯れ遊ぶ様子が表現された、和田長次郎作の欄間である。左隅には朱色で彫銘「雅古堂」(作者・和田長次郎の屋号であろう)がある。
 
資料の状態は、周囲に小さなヒビが複数見られるものの、全体的にみて保存状態は良い。

(※1)和田長次郎(わだちょうじろう)
〔生没年:明治15年(1882)~昭和30年(1955)〕
 
射水郡高岡町川原上町(現高岡市川原町)出身の彫刻家。号は紅雲。屋号は雅古堂。明治30年(1897)年頃、金沢の仏壇彫刻師のもとへ奉公に入り、数年後鎌倉に遊学。そこで鎌倉彫の技術を習得し、高岡彫刻漆器の基礎を築いた。富山県高岡工芸学校彫刻科教諭・村上九朗作、五十里長二らと親交があり、指導も受けていた。花鳥・人物・動物などの表現を得意とし、模様以外の面に蓮華鏨を用いて地紋風に彫りつくす「トントン彫」を始めたともいわれており、高岡彫刻漆器の発展に尽くした。弟子に金丸友治、和田慶治、沢川与三吉、室谷政太郎がいる。

<参考文献>
・高岡市立美術館編『高岡三大名作美術展 目録』(1989年)
・『日本漆工(高岡漆器特集号)』(社団法人日本漆工協会、1981年)

作品所在地の地図

関連リンク

欄間「竹に雀」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観音座像
観音座像

和田長次郎

鍾馗物語文衝立
鍾馗物語文衝立

室谷芳月

高岡彫刻漆器 火鉢半製品
牡丹文彫刻塗菓子器
牡丹文彫刻塗菓子器

製作:黒田屋漆器店・黒田義太郎

乾漆三島手花生
乾漆三島手花生

木村天紅

ページトップへ