長春花鶉図 ちょうしゅんかうずらず

絵画 / 室町 

景徐周麟賛
室町時代・16世紀
絹本着色
38.5×25.7
1幅
銘文:景徐周麟賛

ふと立ち止まり、花のほうを振り返る鶉の姿。鶉は縁起のよい鳥とみなされ、長春花も四季を通じて咲くことから、吉祥のモチーフとして好まれました。鶉の羽根や、花や葉の細かな筆使いが見どころです。五山文学を代表する禅僧・景徐周麟が賛を書いています。
@うずら@えんぎ@ちょうしゅんか@きっしょう@ござんぶんがく@けいじょしゅうりん@さん

作品所在地の地図

関連リンク

長春花鶉図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銭塘観潮図
銭塘観潮図

月翁周鏡他6僧賛

秋郊鳴鶉図
秋郊鳴鶉図

土佐光起、土佐光成筆

鶉桜菊文辻ヶ花染小袖
鶉図
鶉図

伝 李安忠

紙本淡彩江山夕陽図 性智等十二僧ノ賛アリ
ページトップへ