Jar

Details

Jar

Yaeyama Islands

Second Sho dynasty, Ryukyu kingdom, 17th century

Earthenware

1個

胎土に貝殻を混ぜた独特な焼き物である。八重山式土器と呼ばれ、八重山諸島でつくられていたやきものである。本例は骨壺として使われたとも思われる。同様の特徴を有する当館所蔵のパナリ焼の土器よりはやや古いであろう。(2008/07/01_h15)

Search by Jar

Search by Yaeyama Islands

Search by Tokyo National Museum

Keywords

土器 / / Yayoi / 弥生

Related Works

Search items related to work chosen