文化遺産オンライン

つぼ

作品概要

つぼ

八重山諸島 パナリ焼

第二尚氏時代・17世紀

土器 高さ37.5cm 口径19.7cm 最大径36.8cm

1個

パナリ焼という胎土(たいど)に貝殻を混ぜた独特な焼物である。パナリ焼とは西表(いりおもて)島の南東にある新城(あらぐすく)島でつくられていたといわれる焼物であり、展示のものは底に小さな孔をあけ、胴部にも長方形の透孔があけられている。骨壺として使われたのだろうか。

をもっと見る

八重山諸島 パナリ焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

パナリ / / ぱなりやきつぼ /

関連作品

チェックした関連作品の検索