瓢形土器 ひさごがたどき

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 弥生 / 茨城県 

出土地:茨城県筑西市 女方遺跡出土
弥生時代(中期)・前2~前1世紀
1個

弥生時代の東日本では、一度遺体を埋めて白骨化した骨を取り出し、これを壺形土器などに納めて葬る「再葬墓(さいそうぼ)」と呼ばれる葬法が盛行しました。この瓢(ひさご)形土器はこうした墓から出土したもので、瓢形壺とも呼ばれる独特の器形は東関東地域に特徴的なものです。

作品所在地の地図

関連リンク

瓢形土器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

壺形土器
顔面付壺形土器
下野出流原遺跡出土品
新潟県村尻遺跡出土品
壺形土器
ページトップへ