金銅製沓 こんどうせいくつ

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 

出土地:福岡県行橋市 大将陣古墳出土
古墳時代・6世紀
金銅製
(右)長53.0 最大幅15.8 高11.0 (左)長45.2 最大幅14.8 高10.2
1組

コンパス文を打ち出した金銅板で足の甲と裏を覆+おお+い、捩+ね+じった針金でつなぎ合わせた沓+くつ+。履+は+き口を折り返し、土ふまず側を除く全面に、洋梨+ようなし+形の歩揺+ほよう+を下げて飾る。古墳時代の金銅製沓は百済から伝わり、死者を飾る儀礼の装身具として豪族たちに普及した。(河野一隆氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

金銅製沓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金銅製沓
透彫飾履
金銅装f字形鏡板付轡
金銅製冠帽
金銅製沓残片
ページトップへ