旧慈門院表門(陶原家住宅表門) きゅうじもんいんおもてもん(すはらけじゅうたくおもてもん)

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 近畿 

奈良県
明治/1868~1882
木造平屋建、瓦葺、建築面積29㎡
1棟
奈良県桜井市大字多武峰316
登録年月日:20200403
登録有形文化財(建造物)

敷地南辺の石垣上に建つ長屋門。入母屋造桟瓦葺で、中央西寄りに扉を開き、門扉前まで石階段を設ける。門の西を作業場、東を物置とし、東から北へ濡縁を廻らす。扉回りはケヤキの良材を用い、内法に虹梁を架け中備を蟇股とするなど敷地正面を印象付ける。

作品所在地の地図

関連リンク

旧慈門院表門(陶原家住宅表門)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧慈門院持仏堂(陶原家住宅持仏堂)
旧慈門院塀重門(陶原家住宅塀重門)
旧慈門院小座敷及び土蔵(陶原家住宅小座敷及び土蔵)
堀井家住宅長屋門
旧真法院表門(西宮家住宅表門)
ページトップへ