旧慈門院塀重門(陶原家住宅塀重門) きゅうじもんいんへいじゅうもん(すはらけじゅうたくへいじゅうもん)

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 近畿 

奈良県
江戸/1830~1868
木造平屋建、檜皮葺、間口1.7m、左右袖塀付
1棟
奈良県桜井市大字多武峰316
登録年月日:20200403
登録有形文化財(建造物)

表門北面と客殿の間に建つ腕木門で、前庭と東の主庭を画す。屋根は勾配が緩やかな切妻造檜皮葺である。礎盤に円柱を立て、腕木は西正面を拳鼻とし、東は控柱で受ける。扉は花格子入の桟唐戸で、蟇股は麒麟の彫刻で飾るなど、主庭からの景色を華やかに整える。

作品所在地の地図

関連リンク

旧慈門院塀重門(陶原家住宅塀重門)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧真法院塀重門(西宮家住宅塀重門)
旧慈門院表門(陶原家住宅表門)
旧真法院表門(西宮家住宅表門)
旧吉田茂邸兜門
住吉神社唐門及び透塀
ページトップへ