旧慈門院持仏堂(陶原家住宅持仏堂) きゅうじもんいんじぶつどう(すはらけじゅうたくじぶつどう)

宗教建築 / 近畿 

奈良県
江戸/1751~1830
木造平屋建、瓦葺、建築面積26㎡
1棟
奈良県桜井市大字多武峰316
登録年月日:20200403
登録有形文化財(建造物)

客殿の北方に建つ持仏堂。梁間二間、桁行三間の規模で東を正面とし、北面を除く三方に濡縁を廻らす。屋根は入母屋造桟瓦葺妻入。内部は畳敷の一室で、中央北寄りに厨子、西、北面に仏壇を据える。天井中央を折上げ護摩用の煙抜きを設ける。丁寧な造作の小堂。

作品所在地の地図

関連リンク

旧慈門院持仏堂(陶原家住宅持仏堂)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧慈門院表門(陶原家住宅表門)
旧真法院客殿及び庫裏(西宮家住宅主屋)
旧慈門院客殿及び庫裏(陶原家住宅主屋)
旧慈門院塀重門(陶原家住宅塀重門)
旧慈門院小座敷及び土蔵(陶原家住宅小座敷及び土蔵)
ページトップへ